TOP > CJIについて

CJIについて

『クラウドジャパンイニシアチブ 設立趣意』

クラウドジャパンイニシアチブは、日本におけるクラウド利用・活用を促進し、ITを利用した日本の競争力向上を達成すべく、「クラウドを利用するすべての人々の為の情報交流プラットフォーム」として設立致しました。

【発足の背景】
  私達、クラウドジャパンイニシアチブ(以下CJI)は、クラウド(SaaS/PaaS/IaaS)によって簡便にITを利用し、競争力を強化できる環境を提供することで、日本全体の競争力強化を目的に、2009年より活動を開始してまいりました。
  その後の「クラウド」の発展・進化は目覚ましく、日本においても多数のクラウドサービスベンダーが登場し、また、それを支えるインフラストラクチャーも充実・発展を遂げました。個人ユーザー・企業ユーザーにおいても以前のような「クラウド」に対する不安感・心配感は払拭され、私達CJIの活動に関しても一定の成果が達成できたと考えております。
  しかしながら、本来であればクラウドのメリットを最大限に活用できる中堅・中小企業におけるクラウド活用事例はいまだ少なく、また、クラウドサービス提供事業者も一部の先行するベンダーが大半を占めており、日本におけるクラウドサービスの提供・利用は、欧米諸国に比べ、いまだ大きな開拓の余地を残しているというのが現状です。

 私達CJIは、これまでクラウドサービス提供者側の視点より、日本におけるクラウド利用・活用の啓蒙活動を行ってまいりましたが、前述の通り、クラウドを取り巻く現状が一定の変化を遂げたことにあわせ、この度、CJIの活動目的の再構築を行うことに致しました。
 
  組織・立場の垣根を越えて、参加するすべての人々が、クラウドを核にした情報の共有・交換を行うことができる場を提供すること、また、その場を通しての活動が、一団体・一企業の利潤に独占されることなく、参加するすべての個人において、メリットを享受できるような、開かれた場(=プラットフォーム)としてのCJIを構築したいと考えるに至りました。

【CJIの活動】
  CJIは前述の背景により組織され、下記活動を実施してまいります。
1:クラウドを利用する人々のための情報交流プラットフォームを提供すること
2:組織・立場の垣根を越えた、会員相互の情報共有・協働により、クラウド利用・活用の促進、および提言を発信すること

【CJIの目的・ゴール】
  CJIは、上記活動を通して、日本におけるクラウド利用・活用を促進し、多くの組織・個人がITを利用することで、競争力を強化できる環境を提供します。また、その結果として日本全体の競争力強化に貢献してまいります。

CJI

クラウドに関わる方々へのニュース配信や クラウドに関する情報交換等の場です。

セミナー情報

クラウドに関するホットなトピックス等を セミナー形式でご紹介していきます。

CJI幹事会

CJI幹事会は、CJIの今後の活動方針に関する議論やCJI参加企業相互の交流を目的として毎月1回程度開催されています。
幹事紹介

CJIへの参加

CJIはクラウドに関心のある方々であれば 誰でも参加が可能です。
参加するとFaceBook上でのCJIページ内で 情報交換等が出来たり、イベントに参加が出来ます。
(参加申し込みはFaceBook上のCJIページで いいね! ボタンを押すことで簡単に参加可能です。)
FaceBookページのリンクはこちら